よくある質問






接骨院の人たちの資格は何ですか?

 

厚生労働省が管轄する柔道整復師という国家資格です。柔道整復師の詳細については公益社団法人日本柔道整復師会のwebサイトをご参照ください。


予約は必要ですか?

 

開業以来お待たせしない事をモットーにしておりますがより充実した治療を行う為午後の部のみ予約優先制を取り入れました。
もちろん予約なしでも大丈夫ですが待ち時間が気になる方は是非予約をお取り下さい。
※骨折、脱臼等急患の場合はこちらを優先させて頂く場合がございますので、ご了承下さい。


どのように予約をとればよいですか?

 

このホームページから予約も可能です。またお電話、来院時に次回の予約をして頂く事も可能です。


往診はしていますか?

 

ただいまのところ往診できる体制がとれず、対応しておりません。ご了承ください。

他の病院で骨折を治してもらったのですが、リハビリはしてもらえますか?

 

もちろん、治療いたします。骨折は治療後の拘縮(関節、筋肉が固まってしまうこと)を治すことが重要になります。拘縮の予防のためにも正しいリハビリテーション治療を受けることをお勧めいたします。


捻挫した場合まず何をすればよいのですか?

 

四肢の捻挫などの場合は、ケガをした時の応急処置の基本である「RICE療法」を行ってください。(RICEとは、それぞれ処置の頭文字をとった言葉です。)
R:rest(安静)
受傷部位を固定し、動かさないようにします。損傷の程度によっては、副え木などで固定します。
I:icing(冷却)
受傷部位を氷やアイスバッグで痛みを感じなくなるまで(約20~30分間が目安)冷やします。冷やしすぎに注意してください。
C:compression(圧迫)
腫れや内出血を最小限におさえるために、包帯やテーピングなどで患部を軽く圧迫します。このとき神経や動脈を圧迫ないよう(しびれ、けいれん、痛み)に注意してください。
E:elevation(挙上)
腫れや内出血をなるべく少なくするため、患部を心臓より高い位置に保つようにします。
*打撲、内出血も同様です。


妊娠して腰を痛めてしまいましたが診てもらえますか?

 

もちろんです、安心してご来院ください。妊娠しますとホルモンのバランスなどで腰など痛めやすくなります。
当院では、無理な姿勢にならないよう椅子に座った状態で治療いたします。

交通事故で怪我をしたのですが接骨院でも自賠責保険で治療は受けられますか?

 

はい、受けられます。交通事故での怪我(とくにムチウチ症など)は後になってから症状が悪化することがよくあります。あまり痛みがないからといって油断せずに、きちんと治療をする事お勧めいたします。


交通事故に合い病院に通院していますが併診は可能ですか?

 

もちろん可能です。当院で治療する旨を保険会社にお伝え下さい。
詳しくは交通事故のページをご参照下さい。